葬儀について考えておきたいこと

葬儀について考えておきたいこと

誰しも身内や自分の死について考えたくありませんし、ましてや葬儀について考えたり準備をするなんて今まではあまりなかったことかもしれません。 しかし、このところの終活ブームでは自身の葬儀の準備をするという人もどんどん増えているのだとか。 確かに誰しも人生に終わりはあるわけで、自分らしい葬儀を自分で準備したいという気持ちもわかります。 ただ、そうは思ってもいったい何からしたらいいのかわからないということもありますよね。 そのような人のために最近ではセミナーなどもたくさん行われていますし、葬儀社などに直接相談できるシステムもあります。 もっと手軽な方法としてはインターネットで検索すれば葬儀の準備について書かれたサイトをたくさん探し出せます。 あとは自分なりのプランをまとめ、家族と相談して理解を得ることも大切です。 自分らしい最期、自分らしい葬儀を準備するのにはちょっとした勉強と段取りが必要です。

 

葬儀で気をつけたい「席次」と「供花の名札順」

葬儀で大切なのは「順番」です。葬儀そのものの進行や手順は葬儀社の方に任せればいいでしょう。けれど、どうしても喪主と遺族で決めなければならない順番もあるのです。 それは、「席次」と「供花の名札順」。席次は、「葬儀のとき、親族席の座る順番」です。ここではもっとも一般的な仏式の葬儀の場合で説明しましょう。 仏式の葬儀では、祭壇・遺影の前に左右に分かれて遺族が座り、さらにその前に焼香台が置かれるのが一般的。日本ではお客さんから見て向かって右手が「上座」、左手が「下座」になります。ここがポイント。 ですから、祭壇に一番近い右手の席に喪主が座り、ついで前列席に遺族が座ります。右手の後部座席や左手には遺族以外の親族。左手の、祭壇に一番近い席が親族代表(もしくはそれに相当する人)が座り、年齢順に順次座っていくことになります。前列のほうがより上座になるのは言うまでもないでしょう。 ただし、夫婦は隣りどうしに座るのがふつうですから、たとえば「伯父夫妻、伯母夫妻、叔父夫妻」という順番になるわけです。 葬儀のとき、祭壇を飾る供花の名札も同様。向かって右が上手。祭壇の一番上に喪主、その下に遺族、親族、そして仕事関係者などになります。仕事関係者の順番も上になるほど位が高く、「右左右左」という順番で配していくのです。 名前の順番は、気にする人も少なくないので注意したほうがいいでしょう。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市  葬儀 立川市  葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
 葬儀 武蔵村山市  葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

Calendar