親族への任意売却での注意

親族への任意売却での注意

住宅ローンを返せない状態となり、任意売却をせざるをえなくなったが、どうしても、今の住居に住み続けたいという方もいることでしょう。

実は任意売却の際に、売却相手を親族とすれば、そんな願いも叶えることができます。

買ってもらった親族から、住宅を貸してもらえばいいわけです。

競売で親族に落札してもらう方法もありますが、必ずしも落札できるとは限らないため、任意売却でやるほうがより確実です。

ただし、親族への任意売却となると、多少、問題も発生します。

親族が現金で購入するなら、問題は発生しないのですが、大抵の場合、住宅ローンを組んで購入することになるでしょう。

その際に、売主が親族であると、融資を断られてしまうことがあるのです。

売却相手を親族とする任意売却をする際は、そういった任意売却を専門的とする業者に依頼し、住宅ローンの問題をうまく解決してもらうようにしなければいけません。

任意売却というのは、どのようなものなのでしょうか?

 最近、任意売却ということを良く聞くようになりました。

では、任意売却というのは、どのようなものなのでしょうか?

任意売却というのは、強制的に、裁判所の法的手続きである競売によって自分の家を売るのではなくて、所有者である債務者が自分の意思で行う不動産の売却のことです。

普通の任意売却においては、借入している債務が不動産を売却する価格をオーバーしている場合がほとんどです。

例えば、3000万円の借入している債務があったような場合に、不動産を売却する価格が2000万円だけにしかならない場合には、普通の任意売却になります。

したがって、借入している債務が不動産の売却価格をオーバーしますので、任意売却を行った後には、債務が残るということになります。

Calendar