任意売却をわかりやすく説明すると

任意売却をわかりやすく説明すると

任意売却は、不動産を購入した際のローンが支払えなくなった時に、その不動産を売却して返済に充てる方法の1つです。

それだけなら不動産以外でもありそうな話ですが、不動産が特殊なのは、融資した金融会社が不動産に抵当権を設定しているところです。

抵当権があると、不動産は売ることができないため、抵当権を解除してもらわないといけません。

しかし、抵当権の解除にはローンの完済が必要なので、どちらもできない堂々巡りになってしまうのです。

そこで、金融会社の承諾を得て抵当権を外してもらい、不動産を売却してローンを返済できるようにするのが任意売却です。

任意売却をせずに返済が滞っていると、抵当権により不動産は競売に掛けられてしまいます。

任意売却のほうが一般的に競売よりも高値になることが多いため、任意売却を選択できるタイミングは逃したくないですね。

任意売却をした方がいいのか判断する材料

これから任意売却を行った方がいいのか悩んでいる方は、まずは任意売却を行うべきなのか判断する必要があります。サイトによっては、任意売却を行うべきなのか行わない方がいいのか判断することができるサイトがあります。そちらのサイトを見ていただく事で、任意売却を行うべきなのか簡単に判断することができるようになりますので、気になる方はそのサイトを見ていただきたいです。ただ任意売却を行った方がいいという判断だった場合でも、最終的には自分の判断で決まりますので、よく考えていただきたいです。あくまで参考という部分で、任意売却を行った方がいいのか判断する材料がありますので、任意売却で悩んでいる方は、参考にしていただきたいと思います。


Calendar