住宅ローンの支払いが厳しい時は任意売却を推奨します

住宅ローンの支払いが厳しい時は任意売却を推奨します

予期せぬ身内のトラブルや雇用の状況変化などによって、毎月の住宅ローンの支払いが難しくなって支払いが延滞してしまいそうな事態が発生しそうな方は意外にも多いです。銀行と合意して住宅ローンを組まれている方は抵当権が住宅に付いていて、勝手に家を売ったりする事はできません。住宅ローンも払えない、家も売れないでは最悪の状況から脱する事は出来ません。そのような場合には任意売却を検討してください。任意売却は住宅ローンの残債があっても債権者の許可を得て、住宅を売りに出す事ができます。競売だと物件の売却値が大幅に下がったり、良いイメージがなかったりしますが、任意売却ではそういう事は比較的ありません。任意売却は住宅ローンの支払いにお困りの際に利用できる正当な手法です。任意売却を専門とする会社もありますので、相談してみてください。

任意売却業者はコミュニケーション能力がポイント

 任意売却業者を選ぶ際は、コミュニケーション能力の高い業者を選ぶことが大切です。
なぜなら、任意売却の過程で重要なのは債権者との交渉だからです。

そもそも、住宅の売却は基本的に、住宅ローンの返済を終えていないと実行できません。

したがって、任意売却のように、返済完了前に売却したいなら債権者と合意をとりつけないといけないのです。

この合意が得られるかどうかが、任意売却業者のコミュニケーション能力にかかってきます。

また、合意をとりつけて、任意売却できれば、それで終わりというものでもありません。

任意売却をしても残債は残るので、その返済についても債権者と話し合う必要があります。

できるだけ余裕のある返済計画で合意するには、やはり、任意売却業者に高いコミュニケーション能力が求められるわけです。


Calendar